ダイエットがてら風俗へ

天秤にかけて考えます

どっちの風俗にするかで悩むことが多いんですよね。それは風俗嬢もそうですし、ジャンルにしてもそうです。すぐに「これにしよう」とはなかなか決められないんですよね。優柔不断って訳じゃないんですよ。むしろ風俗以外のことに関しては何でもすっぱり決められるタイプなんですけど、風俗だけはなかなか簡単に決められないんです。きっと風俗への思い入れが強いからなんじゃないかなと(笑)思い入れが無いものなら、別に失敗したところで構わないじゃないですか。でも風俗は失敗したくないんですよ。絶対に楽しみたいって気持ちしかないんです。だから余計慎重になって考えるのはありますよね。失敗は許されないし、むしろ失敗したら勿体ないしって思ったら、そりゃやっぱりいろいろなことを考えるのは当たり前なんじゃないかなって気持ちが芽生えてしまうのはいたしかない部分もあるんじゃないですかね。だから風俗では自分なりにいろいろと考えるようにしています。

話し上手というか、雰囲気ですね

彼女は風俗のホームページで「話し上手」みたいに紹介されていたんですよ。口下手な自分にとっては助かるタイプの風俗嬢だなってことで指名してみたんですけど、話し上手と言うよりも空気を読むのが上手だなって思いましたね。こちらが喋りたい時にまでずけずけと喋るようなことはしませんでしたし、かといってこちらが喋るつもりがない時は彼女が喋って場の雰囲気を上手く組み立ててくれていたんです。話し上手でもありましたけど、空気の読み方がとっても上手だなって思いましたね。だから彼女に任せていれば、何もかも上手に話が進んだんですよ。何をするとかではなく、自分の好きになるような時間を満喫することが出来ましたし、何が嬉しいってこっちは特に気を使うでもなかったものの、彼女が細かい部分でいろいろと気を使ってくれたのもあって、自分は何をするとかしないとかじゃなく、ただ単にお客として満足出来る時間を楽しむことが出来たかなって思いますね。