ダイエットがてら風俗へ

なぜソープなのか分かってきたんです

それまで、風俗ならソープという人の声がそこまで良く分からなかったんですよね。別にどの風俗でもそこまで違いはないだろうって思っていたんですよ。でもそうじゃないんです。むしろソープにこそ、無限の可能性があると言っても過言ではないなって。それは最後まで楽しめるとかそういったことじゃないんです。プレイそのものだけの話ではなくて、男としての満足度ですよね。それがとっても大切なのかなって思うようになってきたんですよ。これって結構大切なことなんじゃないかなって思うんです(笑)風俗なら何でも良いって思っていたのは、結局自分自身があまり風俗のことを分かっていなかったからであって、風俗の世界観を理解するようになると、やっぱりソープって違うものなんだなってことに気付かされるようになっていったんですよね。そこに気付けたということは、ソープを通して自分自身、ワンランクレベルアップ出来たんじゃないかなって思っています。

貴重な時間になった理由は?

あの日の風俗は本当に貴重なものになったなって思っています。期待値に関してはさほど高い訳ではありませんでした。ホームページを見て、本当に何となく指名したんですよね。彼女を指名した理由は並ばないで良さそうだったからなんです(笑)風俗店での待ち時間って勿体ないじゃないですか。嫌なら予約しろって話ですけど、予約するのも難しいんですよ。自分の仕事は残業が不定期なんです。いつ残業になるのかさえ分からないので、迂闊に予約することさえ出来ないんですよね。だから予約するのではなく、自分でいろいろと工夫をしなければならないなって思うじゃないですか。だから風俗では基本的には予約はしないので、予約しないでもすぐに入れる風俗嬢が好みなんです。でも、予約なしでもすぐってことは、状況的に空いているからこそなので、女の子の質という点では未知数じゃないですか。でもこの前の子は素晴らしくハイレベルだったんですよ。だからこそ、大成功でした。